古びたマンションの光庭

古びたマンションの光庭

古びたマンションの光庭は薄暗くツタで覆われそうになっていた

台湾の台北で撮影。

歩いていると道の脇に大きな古びた建物が建っていた。一階部分にはお店が入っていて、上の階は住居になっている建物だった。その古びた感じに惹かれて、建物の中へと入っていく。中の通路は薄暗く、閑散としていた。歩いていても誰とも擦れ違うことはない。入っているお店もほとんどがもう閉まっていた。中は静かで、都会の喧騒も聞こえてはこなかった。

ウロウロしているうちに光庭へと行き当たった。光を取り入れるための中庭ではあるものの、建物は結構高く、光庭の下の方には光は差し込んでは来ていない。光庭も建物内部の通路と同じように薄暗い。そして、ツタが絡まっていた。

台北に建つマンションやアパートの窓の外には、人は入れないけれど鉄格子で覆われた空間があることが多い。地元の人びとはそこに洗濯物を干したりしている。日本ではあまり見かけないものだ。ひょっとしたら、住居空間を少しでも広くしたいからそのような空間を作っているのかも知れない。この光庭から見える窓にもそのような窓が散見された。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台北ってどこ?

PHOTO DATA

No

11302

撮影年月

2019年7月

投稿日

2019年11月30日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ