難しい顔をした職人

難しい顔をした職人
ミャンマーのヤンゴンにあるボージョー・アウンサン・マーケットで撮影 オザワテツ

職人はデスクライトの前で考え込んでいた

ジャンクション・シティの2階に上がると渡り廊下が伸びていて、ボージョー通りを横断できるようになっていた。渡った先はボージョーアウンサンマーケットという市場だ。モダンなショッピングモールと昔ながらの市場は繋がっているのだった。ちなみに市場の前の通りにも、市場の名前にもボージョーという単語が含まれている。これはビルマ語の尊称らしい。そして、その尊称はビルマ建国の父とされるアウンサン将軍に対して付けられているのだ。娘のアウンサンスーチーとは違い、お父さんのアウンサン将軍は民主化前も民主化後も一貫して国民の英雄だ。

渡り廊下を通って、ボージョーアウンサンマーケットの中へと足を踏み入れた。英雄の名前を冠している割には、建物は古びていて中はゴミゴミしている。気がつくと、宝石加工の職人たちが大勢働いている区画を歩いていた。ミャンマーは宝石の産地で、この市場でも楽さんの宝石が売られている。そして、そこで売られた宝石を加工するためだろうか。職人たちが働いている区画も市場の中にあるのだった。写真の男もそこで働いてたひとりだ。薄暗い工房の中に腰掛けた男は、難しい顔をしていた。宝石をどのように加工するべきなのか考え込んでいる最中だったのかもしれない。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ボージョー・アウンサン・マーケットってどこ?

PHOTO DATA

No

11077

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年07月01日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ