宝石職人がデスクライトの前で考え込んでいた

難しい顔をした職人
難しい顔をした職人
似たような写真

ジャンクション・シティの2階から渡り廊下が伸びていて、ボージョー・アウンサン通りを横断できるようになっていた。渡った先はボージョー・アウンサン・マーケットという市場だ。モダンなショッピングモールが昔ながらの市場と繋がっているのだ。市場前の通りにも、市場の名前にもボージョーという単語が含まれている。これはビルマ語の尊称だ。アウンサンはビルマ建国の父とされるアウンサン将軍のことだから、建国の父に尊称を付けて道路と市場の名前にしているということ。娘のアウンサンスーチーと違い、お父さんのアウンサン将軍は民主化前の軍事政権にとっても英雄だから民主化前からヤンゴンにある市場と道路の名前になっているのだろう。

渡り廊下を通って、ボージョー・アウンサン・マーケットへ足を踏み入れた。英雄の名前を冠している割には、建物は古びていて中はゴミゴミしている。気がつくと宝石加工の職人たちが大勢働いている区画を歩いていた。ミャンマーは宝石の産地で、この市場でも大量の宝石が売られていて、宝石を加工する職人たちが働いている区画も市場にある。市場で買った宝石をここでオーダーメイドの加工をしてもらえるのだ。写真の男もそこで働いてたひとりだ。薄暗い工房に腰掛けた男は、難しい顔をしていた。宝石をどのように加工するべきなのか考え込んでいる最中だったのかもしれない。

 でコメントする
ENGLISH
2019年7月 ミャンマー 人びと
職人 ランプ 険しい顔つき ヤンゴン

PHOTO DATA

No

11077

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年07月01日

更新日

2023年11月28日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT