サマルカンドの青いモスク

サマルカンドの青いモスク
ウズベキスタンのサマルカンドで撮影 オザワテツ

モスクは鮮やかなタイルで彩られていた

中庭に足を踏み入れると、そこには美しい青いモスクが建っているのが見えた。丸い屋根は抜けるような青で、外壁も青を基調としたタイルで装飾されている。このモスクはレギスタン広場にあるティリャー・コリー・マドラサの一部だった。マドラサとはイスラムの神学校のことを指す。このような美しいところで勉学に励めば、少しは神に近づきやすいのかもしれない。

サマルカンドの町は「青の都市」と呼ばれるくらいに建造物が青で彩色されている。これらの美しい建造物はユネスコの世界遺産に指定されている。

EN

ティムールとムガールとモンゴル

サマルカンドを都にしたティムール帝国が崩壊したのは1507年のことだ。だからといってティムールの家系がそこで途絶えてしまった訳ではない。その中のひとりであるバーブルは、中央アジアから南下してインドでムガル帝国を建国することになるのだ。

つまりムガル帝国の支配者たちはモンゴル系なのだ。それはバーブルの建国した帝国の名前にも現れている。ムガルとはモンゴルを意味するペルシア語がに転訛したものなのだ。そう聞くと、今まで遠く離れた別の存在であったモンゴルとインドが急接近したような気がしてくるから不思議だ。

サマルカンドってどこ?

PHOTO DATA

No

235

撮影年月

2000年9月

投稿日

2005年11月12日

撮影場所

サマルカンド / ウズベキスタン

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS