レギスタン広場に建つシェル・ドル・マドラサ

シェル・ドル・マドラサ
ウズベキスタンのサマルカンドにあるレギスタン広場で撮影 オザワテツ

レギスタン広場に建つマドラサは青いタイルで装飾されていた

四角い広場はマドラサと呼ばれるイスラム神学校の建物で3方を囲まれていた。写真はそのひとつであるシェル・ドル・マドラサだ。青の貴重にした建造物は美しい。

「レギスタン」とはペルシャ語で「砂だらけの土地」という意味らしい。とはいえ、ここサマルカンドがある辺りはザラフシャン川の流域で中央アジアでも有数の肥沃な土地だ。そのため、オアシス都市であるサマルカンドは昔からインド、ペルシア、中国と草原地帯の結ぶ国際交易都市として栄えていたのだという。

広場に建つ3つの神学校はティムール帝国時代に建てられたものもあれば、その後の時代に建てられたものもある。国際交易都市として栄えていたサマルカンドは帝国の首都でなくなった後も荘厳な建造物を建てる資金的な余裕があったのだろう。

今では辺境の地にあって訪れるのも一苦労なサマルカンドには、そのようなかつての栄華を誇るものが今でも残っているのだ。飛行機がない時代、サマルカンドのようなオアシス都市には相当の富が集まってきたのだろう。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

レギスタン広場ってどこ?

PHOTO DATA

No

410

撮影年月

2000年9月

投稿日

2006年05月05日

撮影場所

サマルカンド / ウズベキスタン

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS

アーカイブ