トゥクトゥクとモーターサイ

客を降ろすバイクタクシー

バイクタクシーがちょうど客を降ろしていた

タイのバンコクにあるカオサン通りで撮影。

カオサン通りの入り口には沢山のトゥクトゥクが駐められていた。みな客待ちをしている。トゥクトゥクはタイのシンボルのような気がする。沢山のトゥクトゥクを見かけると、タイにやって来たと実感する。このような三輪タクシーは他のアジア諸国でも走っているけれど、青を基調にしたトゥクトゥクには何故だかタイらしさを感じてしまう。

雨が降っていた。僕は沢山止まっているトゥクトゥクの1台にカメラを向けていた。すると、すぐ脇にモーターサイと呼ばれるバイクタクシーが停まったのだった。こちらはこちらで、バンコクでは一般的な交通機関だ。乗客はバイクから降りると、運転手にヘルメットを返していた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

カオサン通りってどこ?

カオサン通りの名前の由来

バンコクにあるカオサン通りと言えば、東南アジア随一の安宿街だ。最近では安宿街というよりも単なる繁華街といった風情になってきているとはいえ、ここを訪れる外国人旅行者は多い。日本人はもとより、他の国の旅行者にも有名な場所だ。

でも、その名の由来を知っている人は少ないのではないであろうか。タイ語に通じている人には当たり前のことかもしれないが、カオサンとはタイ語で精米を意味するようだ。「タイ謎解き散歩」によれば、この通りは「トゥローク・カーオサーン」、つまり「精米小路」という意味だ。当初は近くを流れる運河沿いにあった米倉から米を運んできて売るお店が並んでいてその名が付いたらしい。そのうちに木炭や乾物など他のものを売る店が増えてきて、時代とともに現在のような形になったのだ。今となっては精米店は一軒ものこっていないような気がするけれど、名前は以前のものをそのまま踏襲しているのだろう。

PHOTO DATA

No

10366

撮影年月

2017年9月

投稿日

2017年11月30日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ