路地でお茶のスタンドが営業していた

路地のお茶のスタンド
台湾の台南にある安平老街で撮影
関連する写真

安平地区は台湾で古い歴史を誇る台南の中でも最も古くから開けていた地区だ。250年ほど前には既に大陸からの入植があったようで、オランダ統治時代にはオランダ東インド会社による台湾統治の中心地となり、その後の清王朝時代も台湾の中心地だったエリアだ。日本統治時代になると、中心地は台北に移ってしまったため、この辺りには古い町並みが残っている。細い路地が入り組んでいて、旅行者を惹きつけているのだった。

そんな路地を彷徨っていると、紅茶のスタンドが出ていた。紅茶と漢字で書かれた提灯が吊るされている。でも、メニューを見ると売っているのは紅茶だけではないようだ。豆花も売っているようだった。

ENGLISH
2017年1月 人びと 台湾
出店 台南
台南で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10011

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年01月21日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

安平老街ってどこ?

Prev & Next