バジャイの上の朗らかな笑顔

顔を皺くちゃにして笑う男
インドネシアのジャカルタで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

ジャカルタの道端に停まっていたバジャイの運転席に座っていた初老の男が顔を皺くちゃにして笑ってくれた

ファタヒラ広場から離れて、北に向かって歩いていた。観光客と思しき人はほとんど歩いていなかった。そもそも、歩いている人が少なかった。僕は誰に声を掛けられることもなく、黙々と旧バタヴィアであるコタ地区を歩いていた。

広場から北に進んで行くと川が流れていて、川沿いをさらに北に向かっていた。淀んだ川に気を取られていると、突然南仏プロヴァンスに迷い込んでしまったかのような気分に襲われる。川の上にゴッホの「アルルの跳ね橋」に描かれているような跳ね橋が架かっているのだ。もともとは1628年に架けられた30mの橋だったものを橋の下を船が通れるように1938年に跳ね橋に作り変えられたのだという。歴史的な価値はあるのだろうけれど、下を流れる川はどよんと濁っているし、ビジュアル的にはあまりよろしくない。

跳ね橋を横目にさらに北に進む。すると鉄道高架橋の下に一台のバジャイが停まっていた。運転席には初老の男が腰掛けていた。僕のカメラを見ると顔を皺くちゃにしながら笑ってくれた。

ENGLISH
2020年5月 インドネシア 人びと
運転手 ジャカルタ 笑い 男性

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11524

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月12日

更新日

2020年09月10日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

ジャカルタで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ