シルエットになったお母さんと息子

シルエットになったお母さんと息子

フェンス際にいたお母さんと幼い男の子がシルエットになっていた

ミャンマーのヤンゴン中央駅で撮影。

ヤンゴン中央駅の中には気怠い空気が漂っていた。歴史ある駅舎は立派なものだけれど、エアコンなるものはなく、外の暑さが容赦なく駅舎の中にも入り込んでいた。人びとは暑さの中でダラダラと列車が来るのを待っている。東京駅なんかと違って列車がそれほど頻繁にやって来るわけではない。ほとんどの時間、駅は静寂さに包まれている。それでも、大勢の人が列車に乗ってどこかに向かうために待っているのだった。中には床に座り込んで待っている人もいる。

シルエットになったお母さんと男の子もフェンス際にマットを敷いてその上で待っていた。周りには荷物が置かれていて、フェンスの向こうにはプラットホームが見える。ふたりが乗ろうと思っている列車がいつになったら来るのかは知らない。でも、床にどっしりと座っているお母さんは長期戦に入っているように見える。ミャンマーでは列車は時間どおりに来ないものと相場が決まっているのかもしれない。そして、この親子連れにも、乗ろうと思っている列車がいつ来るのかは分からないのかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴン中央駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11112

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年07月24日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ