酒樽の前のシルエット

酒樽の前のシルエット
東京の明治神宮で撮影 オザワテツ

シルエットになった女性がちょうどスマホで御神酒の写真を撮っていた

広々とした参道を大勢の人が歩いていた。歩いているのはお参りに来た人ばかりではない。ここはすっかり観光名所になっていて、大勢の外国人旅行者も訪れているのだ。神道は日本固有の宗教で日本以外では見かけることはないから、神社という存在は外国人旅行者が異国情緒を感じるにはとても良い場所に違いない。中国からの旅行者の姿も多い。ここに祀られているのは、日清戦争時に統帥権を持っていた明治天皇なのだけれど、そんなことは旅行者は気にしないのだろう。

参道の脇にはお神酒の酒樽が積まれていた。木漏れ日が酒樽に降り注いでいる。日光を浴びた酒樽は生き生きとしているようだ。大勢の旅行者が立ち止まって、そんな酒樽を写真に収めていた。

EN

明治神宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

10274

撮影年月

2017年4月

投稿日

2017年09月08日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM