綿帽子をかぶった花嫁が微笑んでいた

微笑む花嫁

明治神宮の中庭に立っていた花嫁は綿帽子の下で微笑んでいた

東京の明治神宮で撮影。

拝殿前の広場をウロウロしていると、正装した一団が現れた。先頭には神職と巫女が歩いている。そして、一組の男女が続いていた。これから、ここ明治神宮で結婚式を挙げる新郎新婦だった。

新郎新婦は二人とも伝統的な正装を纏っている。新郎は紋付羽織袴姿で新婦は頭に綿帽子をかぶっていた。このような帽子も角隠しというのだと思っていたけれど、これは綿帽子というようだ。もともとは単なる防寒具だったのが、時代が下るにつれて婚礼用の装いになったのだそうだ。

それにしても「角隠し」とはなかなか不思議な名前だ。隠すということは、新婦は角を持っているのが前提になっている。その由来は諸説あるようだ。嫁入りするにあたり、角を隠すことで従順でしとやかな妻となる決意を示すという説や、嫉妬に狂うと鬼になると言われているため、それを防ぐためのおまじないであるとする説があるらしい。男の嫉妬の方が面倒臭いと思うけれど、その辺りは問われないようだ。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

明治神宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

10275

撮影年月

2017年4月

投稿日

2017年09月09日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ