明治神宮の参道脇に沢山の酒樽が積まれていた

明治神宮の御神酒の酒樽
東京にある明治神宮で撮影
関連する写真

参道の脇に日本酒の樽が積まれている。そして、柔らかな木漏れ日に照らされていた。これらは明治神宮に奉納されたものだ。ラベルを見ると、日本各地から奉納されている。これだけの量の日本酒が奉納されると、そのお下がりの量もかなりになるような気がするけれど、それらを堪能したという話は聞いたことがない。明治神宮で働いている人たちの間で消費されてしまうのだろうか。

参道の反対側にはウイスキーの樽も同じように並んでいる。明治天皇と昭憲皇太后も日本酒ばかり飲んでいたら、飽きてしまうからに違いない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2016年3月 静物 東京
アルコール 原宿 明治神宮 神社
明治神宮で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9666

撮影年月

2015年12月

投稿日

2016年03月01日

更新日

2022年02月15日

撮影場所

原宿 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

SIGMA DP2 MERRILL

明治神宮ってどこ?

PREV & NEXT