家と家の間の路地

台南の細い路地

多くの彫像が屋根の上に置かれていた

台湾の台南で撮影。

歩いていた住宅街の雰囲気は落ち着いていた。低層の建物が軒を連ねている。流行りのお店がある訳でもなく、観光名所がある訳でもなく、地元の人びとが静かに生活をしている場所だ。このような場所を歩き回るのは楽しい。家と家の間には細い路地というか、通路が走っている。表通りから眺めただけでは、このような通路は通り抜けられるのかどうかは判然としない。このような通路の前にやって来ると、いつだって入るべきかどうかを悩むのだった。

この時もやはり通り抜けらるのかどうか、様子を窺っていた。路地の奥の方をじっと見てみても、答えは浮かんでは来ない。その代わり、男の人影が路地の先に現れたのだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10058
撮影年月
2016年9月
投稿日
2017年03月03日
撮影地
台南 / 台湾
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年3月 町角 台湾
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
EF85MM F1.2L II USM
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP