境内には三重塔が堂々と聳えていた

三重塔

千葉にある成田山新勝寺で撮影

関連する写真

広大な境内をウロウロしていると、三重塔の前に出た。1712年の建立らしく、国の重要文化財に指定されているようだ。このような三重塔は仏塔で、本来は仏陀の舎利を収めるために建造されるものだ。

でも、よくよく考えると世界中に仏塔は建てられている。仏教徒のいるところに必ずや仏塔があるのだ。そのため、そのほとんどには仏舎利が収められていないのが現実だ。写真の三重塔にも仏舎利は収めれていない。でも、だからといって信仰が揺らぐことはない。もう暗黙の了解みたいなものになっているのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2006年9月 建築 千葉
成田 仏塔 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

535

撮影年月

2006年7月

投稿日

2006年09月07日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

成田 / 千葉

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

成田山新勝寺ってどこ?

Prev & Next