イスマーイール・サーマーニー廟

イスマーイール・サーマーニー廟
ウズベキスタンのオアシス都市ブハラで撮影 オザワテツ

イスマーイール・サーマーニー廟はポツンと建っていた

写真の構造物は、サーマーン朝の全盛期を築いたイスマーイール・サーマーニーが眠っているとされる廟だ。9世紀から10世紀中頃に造られたもので、中央アジアに現存する最古のイスラーム建築とされているらしい。

噂に違わず、その外観に施された装飾は見事だった。大きくはないのだけれど、青空の下に堂々と鎮座している。この廟は長いこと地中に埋まってしまっていたため、とても保存状態がいい。考古学者に発見されて再び太陽の下に姿を現したのは、1926年のことらしい。

EN

ブハラにあるイスマーイール・サーマーニー廟ってどこ?

PHOTO DATA

No

543

撮影年月

2000年9月

投稿日

2006年09月15日

撮影場所

ブハラ / ウズベキスタン

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS