バールベックのライオンと六本の柱

バールベックのジュピター神殿
レバノンのバールベックで撮影 オザワテツ

遺跡の中にあったライオンはぽかんと口を開けていた

背後に見える6本の柱はジュピター神殿のもの。この地がイスラム化する前のものだ。神殿は豊穣の神であるバアル神に捧げられたもので、もともとは全部で54本の柱が立っていたのだが、現存するのは写真の6本のみだ。全部残っていたら、圧倒されるような大きな建造物だったに違いない。周辺には神殿の残骸が転がっている。余談だが、ライオンの像の下の文様がラーメン屋の器に描いてあるものに見えて仕方が無い。

ちなみに、この遺跡はユネスコの世界遺産に登録されている。

EN

バールベックってどこ?

PHOTO DATA

No

221

撮影年月

2001年2月

投稿日

2005年10月29日

撮影場所

バールベック / レバノン

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ