笑顔でピースサインを出す男

笑顔でピースサインを出す男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

歩道に出した椅子に腰掛けていた男が笑顔でピースサインをしてくれた

宿泊していたジャカルタのホテル近くの交差点はバジャイという三輪タクシーの乗り場になっているようで、通りかかるといつも数台のバジャイが停まって客が来るのを待っていた。バジャイには迎車サービスなんてものはないから、運転手は車両の中で寝転がったりスマホを見たりして客が来るのを待っていた。GojekやGrabがそのシステム上積極的に客のいるところに赴いていくのに対し、バジャイは一箇所に留まって客が来るのを待っている。バジャイは旧態依然なのだ。

バジャイが停車しているところのすぐ後ろには歩道の上にテーブルが出ていて、いつも同じ男が椅子に腰掛けていた。男がそこで何をしていたのかはわからない。ひょっとしたら、近くに停車している何台ものバジャイ運転手の親玉なのかもしれない。いずれにしても、いつも同じ場所に座っている男は、日に何度か前を通り過ぎる外国人旅行者の顔を覚えたようだった。そのうち、通るたびに挨拶を交わすように成り、気がつくと向けられたカメラに嬉々としてピースサインを繰り出すようになっていた。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11764

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年12月19日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF