赤いポロシャツの男が赤いカゴを抱えて薄暗い階段を下っていた

薄暗い階段を急いで下る男
東京の京橋で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

東京の中心部には橋の付く地名が多い。台東区には浅草橋、橋場、柳橋という地名があり、中央区には日本橋京橋が、千代田区に目を向けると飯田橋と一ツ橋という地名が存在する。中でも五街道の起点で交通・物流の要所だった日本橋はその名を冠した地名が多く、全てで20個近くある。

このように橋の付く地名が多いのは、想像に難くなく土地のシンボルとなるようなが多く存在したからだ。つまり川が流れていたということ。今の東京を歩いてもそのような印象は受けないけれど、第二次世界大戦後に至るまで東京は今よりもずっと多くのが市街地を流れる水の都だったのだ。

流れていた川がなくなってしまった理由は単純で埋め立てられてしまったから。第二次世界大戦時の空爆で生じた大量の瓦礫を、当時の東京都が川を埋め立てるのに使用したためなのだ。これにより幾つもの河川が消えてしまった。その結果、橋の名前だけが地名として残ったというわけだ。

この写真を撮った京橋も、もともとは京橋川に架かる橋の名前だ。京橋川は1950年代に消滅し、京橋という橋もなくなってしまったものの、京橋という名称が地名や地下鉄の駅名に名残を留めているのだ。

ENGLISH
2021年11月 町角 東京
薄暗さ 京橋 ポロシャツ 階段

京橋ってどこ?

PHOTO DATA

No

12105

撮影年月

2021年10月

投稿日

2021年11月29日

撮影場所

京橋 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

京橋で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ