板張りの床で寝る男

板張りの床で寝ていた男
タイのバンコクにあるバーンルアンで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

男は板張りの床の上に横になって寝ていた

運河に沿って小径が設けられていた。そして、お土産屋や食堂が並んでいる。僕がやって来た時は、あまり観光客がいなくて長閑な雰囲気に包まれていた。のんびりと運河沿いを歩いていると、運河沿いに建っているのはお店ばかりではないということに気が付いた。一般の住居も混じっている。当たり前のことと思うかもれないけれど、一般の住居も商業施設と同じように開放的な作りになっているので気が付かなかったのだ。

どの住居も運河に面したところにあまり壁が設けられておらず、小径から中が丸見えだ。お店なのか住居なのかいまひとつ区別がつかなったところに、写真の住居が現れて僕は確信した。建物の中では、上半身裸になった男が板張りの床の上に横になって寝ていた。無防備に寝ている男は、どう見ても客が来るのを待っているようには見えない。そりゃそうだ。男は単に自宅で寛いでいるだけなのだ。昔ながらのバンコクの雰囲気を残しているとされるバーンルアンではプライバシーに対する考え方も、昔ながらなのかもしれない。

ENGLISH
2018年6月 人びと タイ
バンコク 家屋 男性 昼寝

バーンルアンってどこ?

PHOTO DATA

No

10592

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年06月05日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ