上半身裸の男がシャッターの閉まった店の前でくつろいでいた

シャッターの前に腰掛けた男
タイのバンコクにあるプラナコーン区で撮影
関連する写真

夕刻になっても、バンコクはまだまだ暑かった。気怠い雰囲気が路地に漂っていた。地元の人たちも気怠い雰囲気に絆されて、道端でダラダラと時間を過ごしていた。写真の上半身裸になった男のも道端でダラダラとしていたひとりだ。バンコクは暑いから、住宅街を歩いていて上半身裸の人を見掛けるのはさほど珍しくはない。僕だって、引き締まった体をしていたら裸になって町を歩きたいくらいだ。

男の手にはしっかりスマホが握られている。微動だにしない男はじっと画面を見入っているのだった。ここでもスマホは一般的。誰も彼もがスマホを持っている。あまりに普及しているので、スマホの無かった時代を思い起こすのはすでに困難になっているかもしれない。

ENGLISH
2018年1月 人びと タイ
バンコク 男性 上半身裸 シャッター
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10425

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年01月25日

更新日

2022年01月20日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクのプラナコーン区ってどこ?

Prev & Next