茶行に並んでいた茶の缶

古めかしい茶の容器

棚の上には古めかしいお茶の缶がいくつも並べられていた

台湾の台南で撮影。

中国茶を堪能するのも台湾を旅する時の楽しみのひとつだ。町を歩いていて、茶行を見つけると必ずと言っていいほど中に入っていた。台湾では大抵の場合、茶の試飲をさせてくれる。そのため幾つもの茶行を巡っていると、あっという間にお腹がタポタポになってしまうのだった。

この日も町角で見つけた茶行に入った。棚には沢山の茶葉を入れた缶が並んでいる。どれもこれも錆びていて、古めかしい。ここは老舗なのかもしれない。様々な種類の中国茶が売られていて、どれを買うのかは悩んでしまう。いくら試飲しても、お腹がいっぱいになっていくだけで、なかなか買う茶葉の種類を決められなかった。

それにしても、「大王」なんていうお茶はどんな味がするのだろう?

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

台南ってどこ?

台湾の茶行

台湾ではお茶を売っているお店を「茶行」という。ちょっと不思議な響きだけれど、中国語では「行」という字には「店」や「市場」を意味するので、茶行とは単に茶を売るお店のことで銀行の「行」と同じ使われ方なのだ。

ちなみに茶館とか茶藝館という看板も台湾で見かけるけれど、こちらはティーハウス的な要素がある場所を指していて茶葉そのものを売っている場所ではない。

PHOTO DATA

No

10137

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月10日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ