自転車タクシーの運転手

同業者の前を通り過ぎる露店商
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

交差点では自転車タクシーの車夫が客待ちをしていた

交差点付近で商売をしているのは露天商ばかりではなかった。客待ちしている自転車タクシーもよく見かける。8年前と比べるとその数は減ったような気がするけれど、今でも地元の人には欠かせない交通機関だ。やはり人の通りの多い交差点近くで客待ちをしていることが多い。もっとも、交通分野全般で改革に取り組んでいる当局はあまり好ましく考えていないようで、近い将来にヤンゴンのような大都市ではタクシーに取って代わられてしまうような気もする。ちなみに、Uberはすでにミャンマーに進出しているようだ。

交差点に差し掛かると、ここでも自転車タクシーの運転手が客待ちをしていた。運転手は座席にどっしりと腰を下ろしてぼんやりと往来を眺めている。ミャンマーの自転車タクシーは近隣諸国の自転車タクシーとはちょっと異なっている。その形状はベトナムのシクロとも、インドやネパールで見かけるサイクルリクシャーとも違っているのだ。客が腰掛ける座席はサイドカーのように自転車の横に取り付けられている。実際、地元の人は自転車タクシーのことを英語のサイドカーが訛ったサイカーと読んでいる。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

10798

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年11月16日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ