男の子は自転車に跨ったまま不満そうな顔をした

不満そうな男の子

ラオスのバーンシェンメンで撮影

関連する写真

自転車に跨った男の子がやってきたので、カメラを向けたのだった。すると、しかめっ面が返って来た。外国の町を歩いていると、しばしば巡り会うこのようなチグハグさに困惑してしまう。

何に不満を感じているのかは知らなけれど、写真は撮ってもらいたい様なのだ。ちょっと不思議だ。ひょっとしたら、照れ隠しなのかもしれない。いずれにしても、カメラを噛めている間ずっと、男の子は自転車に跨ったまま真っ直ぐに僕のレンズを見据えていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2013年5月 ラオス 人びと
自転車 男の子 不満 ルアンパバーン
ルアンパバーンで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7494

撮影年月

2008年1月

投稿日

2013年05月06日

更新日

2021年08月19日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

バーンシェンメンってどこ?

Prev & Next