博物館前の歩道に出ている露天商はシンという民族衣装をまとっていた

歩道に立つシンを纏った女
国立博物館前のお土産物屋
似たような写真

歩道沿いに壁が続いていた。この壁の内側は、かつての王宮だ。静寂に包まれた壁の内側と外側では雰囲気はかなり違う。外側の歩道には大勢の露天商がワイワイと商売をしているのだった。

ラオスの民族衣装であるシンを纏っていた女性がそのような歩道に立っていた。この女性も露天商で、土産物の織物を販売していた。地べたには大量の生地が陳列されている。周辺の村で織られたものだろう。この辺りでは、今でも機織り機で生地を織っているのを見かけるのだった。

 でコメントする
ENGLISH
2008年2月 ラオス 人びと
民族衣装 ルアンパバーン シン(民族衣装) スカート お土産物屋 女性

PHOTO DATA

No

1436

撮影年月

2008年1月

投稿日

2008年02月28日

更新日

2024年01月08日

撮影場所

ルアンパバーン / ラオス

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PREV & NEXT