窓辺の置物

窓辺の置物
愛知の常滑で撮影 オザワテツ

窓辺に置かれた置物はまん丸の目を往来に向けていた

かつてここ常滑は窯業の町だった。もちろん今でも多くの窯が残っている。でも、今では観光地としての側面もあるのだ。町中にはお土産物屋がいくつもあって、よそからやってくた人間を飲み込もうと企んでいる。

そんなお土産屋の辺には犬の置物が置かれていた。静かに腰を下ろしているそれは、目を大きく見開いて飽きることなく往来を眺め続けている。何の変哲もない日常でも、犬にとっては興味深いものなのだろう。その犬を見ていると、自分がそのような瑞々しい感覚をとうの昔に失ってしまっていることを気付かされた。

EN

常滑ってどこ?

PHOTO DATA

No

157

撮影年月

2005年8月

投稿日

2005年08月26日

撮影場所

常滑 / 愛知

ジャンル

静物写真

カメラ

CANON EOS 1V

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ