コプリフスティツァの青い家

青い家
ブルガリアのコプリフスティツァで撮影 オザワテツ

壁は青く塗られていた

コプリフスティツァはのどかな田舎町だった。滞在している間、毎朝宿の前を通り過ぎる馬車の音で起こされてしまうような町だ。ここでは馬車が今でも現役なのだ。そんな町にも歴史はあって、1876年の4月蜂起の際にはその中心地になったのだという。

今では歴史の中心地となったとは、俄には信じられない。ひょっとしたら、それ自体を若気の至りと思っているのかもしれない。町を歩き回っても動乱期の痕跡を見つけることは出来なかった。歩いても歩いても、目に入っていくるのは美しい古い町並みばかりだった。

EN

コプリフスティツァってどこ?

PHOTO DATA

No

290

撮影年月

2001年4月

投稿日

2006年01月05日

撮影場所

コプリフスティツァ / ブルガリア

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS KISS