教会は壁も塀も鮮やかな赤で塗られていた

青空の下の教会
インドのベルハンポルで撮影
関連する写真

町を歩いていると古い建物が建っていた。屋根の上には先頭が空に向かってちょこんと突き出ていて、その上に十字架が載っている。教会だった。掲げられている看板によると、この建物はベルハンポル教会らしい。イギリス統治時代に建てられたのだろう。塀も壁は鮮やかな赤で塗られていた。

綺麗に維持管理されているように見えるけれど、あまり使われているようには見えない。ベルハンポルにはキリスト教徒はあまりいないのかもしれない。地元の人のほとんどがヒンディー教徒だとすると、特にご利益のないイエス・キリストになんてにあまり興味がないだろう。

ENGLISH
2012年2月 建築 インド
ベルハンポル 教会
ベルハンポルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

6197

撮影年月

2011年7月

投稿日

2012年02月25日

更新日

2020年01月17日

撮影場所

ベルハンポル / インド

ジャンル

建築写真

カメラ

OLYMPUS PEN E-P2

レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42MM

ベルハンポル教会ってどこ?


大きな地図を表示
Prev & Next