チェスをする男

チェスをする男
ミャンマーのヤンゴンで撮影 オザワテツ

男は真剣に盤面を見ていた

男が道端でチェスに興じていた。あぐらをかいた姿勢で、真剣な顔つきをしながら駒を動かしている。男の前には取った駒が置かれていた。男が優勢なのかもしれない。心なしか、男は意気揚々と駒を動かしているように見えた。いずれにしても、男はチェスに夢中で傍ら立った僕のことなんか歯牙にも掛けなかった。

ヤンゴンの町にも大勢の華僑がいるけれど、不思議なことに中国将棋をしている人を見かけることはない。このような状況は、かつてミャンマーがイギリスの植民地だったことと関係があるのかもしれない。

EN

シャンチーとは

シャンチーは、中国およびベトナムで盛んな将棋類であり、二人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。中国では国家の正式のスポーツ種目になっている。中華人民共和国の非物質文化遺産に登録されている。競技は中国語では「象棋」と呼ぶが、これは中国語でチェス類の一般表現にも使うため、特に区別する際には「中国象棋」と呼ばれる。
ベトナム語では「cờ tướng」(コー・トゥオン)というが、日本語では「カートン」と書かれることが多い。漢字表記になおせば「棋将」である。英語では、「xiangqi」または「Chinese chess」と呼ぶ。国際組織である世界シャンチー連合会(World Xiangqi Federation 略称 WXF)は英語名を「xiangqi」としている。日本語では「象棋」「中国象棋」「中国将棋」などと表記されることもある。

ヤンゴンってどこ?

PHOTO DATA

No

4451

撮影年月

2010年3月

投稿日

2010年08月13日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

スナップ写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM