カノマン市場で客待ちしていたベチャの運転手

カノマン市場で客待ちしていたベチャの運転手
インドネシアのチルボンにあるカノマン市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

客待ちをしていたベチャの運転手は恥ずかしそうに笑ってくれた

人が多く集まるところにはタクシーのような運送業の人たちも多く集まってくる。ジャワ島のチルボンにあるカノマン市場でもそれは同じだった。もっとも自動車のタクシーは一台もいない。連なって客待ちをしているのはベチャと呼ぼれる自転車タクシーばかりだ。写真の野球帽をかぶった若い男もそのひとりだ。

買い物客があちらこちらにいるとはいえ、ベチャに乗ろうとする客が次から次へと現れるわけでもない。野球帽をかぶって無精髭を生やした若者は暇そうだった。カメラを向けると恥ずかしそうな笑顔を見せてくれた。

目尻を下げて笑ってくれた若者の帽子をよく見てみると、ニューヨーク・ヤンキースのロゴが付いていた。若者はヤンキースのファンなのだろうか。いやいや、ここはインドネシアだ。バドミントンやサッカーはメジャーなスポーツだけれど、野球はまったくもってマイナーなスポーツの国だ。2018年にインドネシアで開催されたアジア大会では野球も実施されたようだけれど、町を歩いていても野球に興じている子どもなんて見たことはない。この若者もニューヨーク・ヤンキースが好きというよりも、ニューヨークという大都会に憧れているのではないかと勘ぐってしまう。そう考えた方がしっくり来る。

ENGLISH
2021年2月 インドネシア 人びと
帽子 リクシャワラー 笑顔 無精髭 青年

チルボンにあるカノマン市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11810

撮影年月

2020年1月

投稿日

2021年02月07日

更新日

2021年05月26日

撮影場所

チルボン / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ