天秤棒でパンを売り歩く若者

天秤棒でパンを売り歩く若者
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

帽子をかぶった若者が天秤棒を担いでパンを売り歩いていた

交通量の多いT字路に立っていると、色々なものが目の前を通り過ぎていく。バジャイなどの自動車も通り過ぎていくけれど、やはり多いのはバイクだ。ジャカルタではバイクが庶民の交通手段になっている。自らハンドルを握って運転する人も多いし、GojekやGrabなどの配車サービルのバイクも多い。日本でタクシーといえば、4輪の車両がやってくるのが当たり前だけれど、ここではバイク・タクシーが多い。おそらく、4輪自動車のタクシーよりも、バイクを使ったタクシーの方がずっと多いだろう。バイクに二人乗り、場合によっては三人乗りをして目的地に向かうのだ。

そうこうしているうちに、また日本ではあまり見かけないものがT字路にやって来た。天秤棒を担いだ若者が現れたのだ。天秤棒の両端には大きな箱がくくりつけられていて、中にはパンが幾つも入っていた。若者はパンを売り歩いていたのだ。両脇の箱はそれぞれ上下に分けられていて、都合4種類のパンを扱っている模様。

ジャカルタの町を歩いていると、パンを売り歩いている人を見かけることは珍しくない。インドネシアは米が主食の国で、稲作に適さない地域でもキャッサバとサゴヤシが主食だ。それなのにパンを売る屋台は珍しくない。この国では小麦製品、特に麺とパン製品の摂取量が年々増加しているのだという。手軽に食べられるのが都市のニーズに合っているのだそうだ。朝食、昼食、夕食の3食の間で食べる間食も時代とともに変化していて、もち米やサツマイモのおやつからクロワッサン、ケーキ、菓子パンに変わりつつあるのだそうだ。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11745

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年11月30日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF