天秤棒を置いた棒手振り

住宅街の道端に天秤棒を置いて商売していた棒手振り
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

棒手振りの男が住宅街の道端に天秤棒を置いて商売していた

川沿いの道から離れて、ジャカルタの住宅街の中へと入っていった。道はビッチリと立ち並ぶ家屋に挟まれている。日本だと住宅街の中を歩いていると、小さな公園があったり、時間極めの駐車場になっているところがあったりするけれど、ここではそのどちらも見かけない。道の終わりが来るまで、ずっと家が続いてるのだ。

路上に駐車してあるバイクを見かけても、自家用車を見かけることはほとんどない。その上、駐車場がないとなれば、この辺りには自動車を主たる移動手段にしている人が少ないのだろう。移動する時には、自分のバイクで行くか、道端で客待ちしているバジャイを拾うか、GrabGojekのアプリを使って呼ぶに違いない。そう意味ではジャカルタにおけるシェアリングエコノミーは進んでいるのだ。

道を進んでいくと、人がたむろしている場所に出くわした。ジャカルタの住宅街には駐車場はなくとも、頻繁に地元の人たちがたむろしている場所があるのだ。人がダラダラと時間を過ごす場所には、テーブルが出ていてのんびり過ごせるようになっている。棒手振りもいた。両端に出前箱のような箱をつけた天秤棒を前に置いて、棒手振りの男は鋭い視線を前方に投げかけていた。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11688

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年10月04日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ