窓辺で佇む女

窓辺で佇む女

女性が窓辺で佇んでいた

タイのバンコクで撮影。

長閑な雰囲気の住宅街の中を歩いていた。道は狭く自動車は入ってこられない。そのため、路地を静けさに包まれている。そんな路地を歩いていると、ふと視線を感じたのだった。周囲を見渡すと、青い壁の家の窓辺に女性が佇んでいるのが見えた。僕が感じた視線はこの女性のものだった。窓の縁に手を載せた女性は不思議そうに僕のことを見据えている。ひょっとしたら、この家の前を見知らぬ外国人が通りかかることなんてほとんどないことなのかもしれない。

雨戸には小さな黒いリボンがさりげなく貼られていた。これは追悼の意味が込められているのだろう。故国王に対するものに違いない。国王に対する敬愛は日本人の天皇に対するもの以上のような気がする。もっとも、タイの人すべてが敬愛しているとは限らないけれど。部屋の中に目を向けると、天井からミラーボールがぶら下がっていた。ディスコとかクラブにあるようなものだ。鈍く輝いているミラーボールは、黒リボンとはかなり対照的に見えてしまう。この国では個人宅にミラーボールを飾るのが一般的なことなのかどうかは、分からない。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10595
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年06月07日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年6月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP