ワット・シェントーンの本堂

ワット・シェントーンの本堂

堂々とした本堂だった

ラオスのルアンパバーンにあるワット・シェントーンで撮影。

写真の美しい建造物は1560年に建立されたワット・シェントーンの本堂だ。境内に中に堂々と聳えてはいるものの、思っていたよりはずっと小振りだった。その重要さは大きさとは関係なく、歴史からくるのだろう。ここはかつて王家の菩提寺だったのだ。

屋根は幾重にも重なっている。このような屋根はこの辺りの伝統的な建築様式らしい。この寺院は現在でもこの国で最も重要な寺院で、「ルアン・パバンの町」の一部としてユネスコの世界遺産にも登録されている。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
7266
撮影年月
2008年1月
投稿日
2013年02月19日
撮影地
ルアンパバーン / ラオス
ジャンル
建築写真
アーカイブ
2013年2月 建築 ラオス
使用カメラ
CANON EOS 1V
レンズ
EF85MM F1.2L II USM
写真集も発売中
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP