ふたりの女性が由比ガ浜で海を向いて腰を下ろしてた

海を向いて座るふたりの女性
海を向いて座るふたりの女性
関連する写真

繰り返し繰り返し寄せては返すを前に腰を下ろした時、人は何を話すのだろう。繰り返しにほだされて突拍子もない話をしてしまうかも知れないし、単調さの中に感じる変わり映えしない日常について語ってしまうかもしれない。それとも波の音に飲み込まれ、何も話せないかも知れない。確かなのは波が来なくなることはないということ。いつだって波は波打ち際で誰かが話し出すのを待っているのだ。

鎌倉にある由比ヶ浜を歩いていると、波打ち際に女性ふたりが並んで腰を下ろしていた。ふたりともを向いていて、視線の先には大海原が広がっている。周囲には誰もおらず、遠く沖にウインドサーフィンのセイルが別の世界の出来事のように浮かんでいる。ふたりの会話にちょっかいを出してくるのは波の音と風の音だけ。これから腰を据えて話をするのにふさわしい舞台と言っていいだろう。

舞台は整って、第三者からするとあとは話を始めるだけのように思えても、それはそれで準備が必要なようで左側の女性はコンパクトミラーでメイクをチェックしていた。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年3月 神奈川 人びと
バック・ショット ビーチ 二人組 女性

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12214

撮影年月

2021年12月

投稿日

2022年03月24日

更新日

2022年03月28日

撮影場所

鎌倉 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

由比ガ浜海岸ってどこ?

PREV & NEXT