浅瀬に立つ人影

浅瀬にポツンと立つ人影

浅瀬に人影が見えた

沖縄の波照間島にあるニシ浜で撮影。人影が浅瀬に立っていた。浜を歩いている人はポツポツと見かけるけれど、海の中に入っている人を見かけるのは珍しい。いずれにしても、海に入っているのは観光客ばかりだ。この島だけでなく、沖縄の人はあまり海に入らないという。ニライカナイという他界が海の向こうにあって、浜辺はこの世とあの世の境目なのだ。下手に海に入ると、この世に帰ってこられなくなると考えるのかもしれない。

ニシ浜の海は遠浅だった。男の周囲の水深は膝下までしかない。トボトボ歩く男の周りには誰も居ない。まるで遠浅の海を独り占めしているようだった。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
1077
撮影年月
2007年7月
投稿日
2007年09月12日
撮影地
波照間島 / 沖縄
ジャンル
風景写真
アーカイブ
2007年9月 自然 沖縄
使用カメラ
CANON EOS 1V
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP