男の子は波打ち際に立ってすぐ近くに見える島をじっと眺めていた

波打ち際から島を眺める男の子
スリランカのベールワラの海岸で撮影
関連する写真

ベールワラの海岸線に砂浜が伸びていた。ここの砂浜は細い。満潮の時間にはほとんどの砂浜がに飲み込まれてしまうような細い砂浜だった。そして砂浜からそれほど遠くない沖にが浮かんでいた。橋はもちろん無いし、島へ渡る船やボートもどこにも停泊していない。島には木々の間に塔が見えるものの、住居があって人が住んでいるのかは分からない。夕日の下に浮かぶ島はミステリアスだ。行ってみたいと思うのだけれど、どうやって行ったら良いのか分からなかったのが残念だ。

波打ち際に沿って歩いていると、男の子がひとりぽつんと立っていた。寄せては引く波とは対照的に、男の子は動くことなく島の方をじっと見つめている。地元の子どもにとっても、この島はミステリアスに映るのだろう。僕と同じように島に渡りたかったのかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2008年8月 人びと スリランカ
バック・ショット ビーチ ベールワラ 男の子 シルエット
ベールワラで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1875

撮影年月

2008年3月

投稿日

2008年08月06日

更新日

2021年03月23日

撮影場所

ベールワラ / スリランカ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ベールワラってどこ?

PREV & NEXT