道の先のスカイツリー

道の先のスカイツリー
東京の向島で撮影 オザワテツ

道の先にスカイツリーが聳えていた

向島の辺りは昔からの下町だ。かつては色街があって賑わっていて、小説の舞台にもなっていたりする。例えば永井荷風の小説である濹東綺譚の「墨東」とはこの辺りのことだ。でも、すっかり寂れている。今では向島と聞いて繁華街だと思う人はほとんどいないだろう。静かな住宅街が広がっている。ところどころに神社や仏閣が静かに建っているだけだ。

そんなこのエリアに巨大な建造物が完成したのは2012年だ。向島からそう離れていない押上に東京スカイツリーが建てられたのだ。周囲には高い建造物が無いので、並外れて高く見える。634メートルの高さを誇るスカイツリーは世界で2番目に高い構造物なのだそうだ。世界で2番目というのが微妙な説明だけれど。

その微妙さはさておき、この辺りを歩いていると、まるでこの世に君臨しているかのようにどこにいてもその姿は視界に入ってくるのだった。低層のビルの間の道を歩いていても、やはり道の先には巨大なスカイツリーが聳えているのが見えたのだった。

EN

向島ってどこ?

PHOTO DATA

No

10758

撮影年月

2018年5月

投稿日

2018年10月10日

撮影場所

向島 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ