通路の先のベビーカー

通路の先のベビーカー
東京の大手町で撮影 オザワテツ

男がベビーカーを押しているのが見えた

JRの線路に沿って、神田から東京駅の方に向かって歩いていた。住居表示によると、この辺りも大手町らしい。大手町というと日本経済の中心で、都市銀行の本店や巨大企業の本社が軒を連ねていているようなイメージがある。確かに周辺には大きなびりが建ち並んでいる。しかしながら、江戸幕府が開かれるまでは、丸の内や日比谷と同じようにここも入江だったのだという。こんな東京の中心部まで海は迫っていたのだ。でも、今では海の影も形も見当たらないし、歩いていても磯の匂いが漂ってくることは一切ない。コンクリートジャングルになって、もう長い時間が経っている。

線路の脇には薄暗い通路が伸びていた。日本経済の中心地にはふさわしくないような裏寂れた雰囲気が充満している。もっとも、そのうらぶれた雰囲気は日本経済の先行きを暗示しているのかもしれないけれど。しばらく歩いていると、通路の端へと近づいてきた。通路の先に男の姿が見える。男はベビーカーを押して歩いていた。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

大手町ってどこ?

PHOTO DATA

No

10754

撮影年月

2018年4月

投稿日

2018年10月06日

撮影場所

大手町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ