三本指のピースサインをする神父

三本指のピースをする神父
メキシコのチアパ・デ・コルソで撮影 オザワテツ

神父が自信満々にピースサインをしてくれた

チアパ・デ・コルソにある聖ドミンゴ教会の前を歩いていると、神父がいるのが見えた。アルバという白い布地で作られた祭服をまとった神父の前には一台の自動車が駐められている。ちょうどお祓いをしている最中だった。

神父は聖水を自動車に注いでいた。カトリックの世界でも、交通安全祈願のようなものをするようだ。その様子は神道で行うお祓いとあまり変わらないような気がする。神様が違うだけで人びとが求めるものは同じなのだ。

お祓いが終わるのを見計らって神父に声をかけると、快く写真を撮らせてくれた。爽やかな笑顔とともにピースサインをしてくれる。三本指のピースサインだった。どんな意味が込められているのだろう。

EN

チアパ・デ・コルソってどこ?

PHOTO DATA

No

9174

撮影年月

2010年7月

投稿日

2015年04月12日

撮影場所

チアパ・デ・コルソ / メキシコ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る