薄暗い歩道にCURRY UPと書かれた看板が光っていた

薄暗い歩道で光るCURRY UPの看板
東京の中目黒で撮影
関連する写真

アメリカ映画を見ていると時折ダイナーというものが登場する。バック・トゥ・ザ・フューチャーには度々ダイナーが登場するし、インディ・ジョーンズにも登場する。どうやらスピルバーグとルーカスはダイナーという舞台設定が好きだったようだ。

日本ではあまり一般的ではないダイナーとは、店内にカウンター席とボックス席が設けられていて気取ることなく食事を摂れる大衆食堂のようなもの。ニュージャージー州やペンシルベニア州、ニューヨーク州に多く、北アメリカに特有のものらしい。

僕も映画の中に登場するダイナーを見たことはあれど、実際にダイナーで食事をしたことはない。そんな僕の脳内で純粋培養されたダイナーのイメージにピッタリのお店が中目黒にある。CURRY UPというお店だ。困ったことにCURRY UPはその名が示すとおりカレーのお店でダイナーではない。店内にボックス席もないし、そもそもダイナーで食べるようなハンバーガーもアメリカン・パイも売っていない。

それなのに前を通る度にダイナーを思い浮かべてしまう。なんでだろう。大きな窓に掛けられたカーテンがそう思わせるのか、はたまた外壁の感じがそう思わせるのか、なんでそう思うのかはよく分からないのだけれど。

ENGLISH
2021年11月 町角 東京
中目黒 レストラン 看板

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12103

撮影年月

2021年10月

投稿日

2021年11月27日

更新日

2021年12月21日

撮影場所

中目黒 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

中目黒ってどこ?

Prev & Next