街路樹の下で休んでいたGOJEKの運転手

木陰で休んでいたGOJEKのドライバー
インドネシアのジャカルタにあるガンビール駅の近くで撮影 オザワテツ

ガンビール駅の近くの木陰で休んでいたGOJEKの運転手はポーズを決めた

東ムルデカ広場通りを歩いていた。ここはムルデカ広場とガンビール駅の東側を走る大きな通りだ。ムルデカ広場側は、道路に沿って線路が伸びていて、ビルも住居も建っておらず、フェンスが伸びているだけだった。

イスティクラル・モスクの方へ進んでいくとバス停があって、道路脇に大きなバス停が設けられていた。歩道はそのバス停の裏側に続いていた。地元の人が数人寛いでいた。ここは日陰になっていて、ちょっと腰掛けるところもあって休むのに好都合なのだろう。写真の男も日陰の中に佇んでいたのだった。

カメラを見つけると、男は目に力を入れながら人差し指をピンと伸ばしてくれた。羽織っている緑色のジャンパーには丸いロゴが描かれていた。男はGOJEKのドライバーのようだ。オーダーが入るまでの間、大通り沿いの日陰で休んでいるのかとも思ったけれど、そうでもない。男の目の前には、ジュースのペットボトルやスナックの袋がいくつも置かれていて、これらは男の売り物のように見える。GOJEKのドライバーをしながら、道端でお菓子類を売る仕事も同時にしているのだろう。貧乏暇なしなのは、どこの国でも一緒なのだ。

EN
SHARE ON SNS 😃

GOJEKとは

GO-JEK(ゴジェック)はジャカルタに本社を置く、インドネシアのベンチャー企業。ライドシェア(相乗り)と物流に注力し、「総合サービス業」のような業態に発達している。2010年10月にNadiemMakarim(インドネシア語版)(1984年-)によって設立される。きっかけたはOJEK(オジェック)と呼ばれるバイクタクシーの運転手との会話から「勤務時間の7割は客待ち」ということを知ったことで、その待ち時間の有効利用するアイデアとして配車サービスを思いついた。設立時の登録ライダーは20人であった。2015年1月にAndroid、およびiOS向けのアプリケー...

ジャカルタにあるガンビール駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

11602

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年07月13日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ