影に覆われつつある不忍通り

影に覆われつつある不忍通り
東京の根津で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

夕暮れ時だったので、不忍通りはあれよあれよと影で覆われていった

太陽の位置が段々と低くなっていくのと同時に、地面に伸びるは徐々に勢力を伸ばしつつあった。路面のほとんどは既に影の勢力に飲み込まれていて、日向の範囲は道路沿いに建つ建物の壁にまで追い込まれている。そのようなせめぎ合いの中、女性が歩いているのが見えた。女性にとって影と日向のせめぎ合いは対岸の火事なのだろう。いや、どちらかというと影にシンパシーを感じているかもしれない。日焼を忌避する女性は多く、そのような女性は日向よりも日陰を歩くのを好む気がする。

この時歩いていたのは根津神社の近くだった。知らなかったのだけれど、かつて根津神社の門前に遊郭があった。1882年の調べでは688人の娼妓がいて吉原に次ぐ規模を誇っていたという。しかし、ここは天下の東京帝国大学のお膝元。風紀上、大学の近くに遊郭があるのは問題であるとされ、1888年に洲崎に移転させられてしまった。遊郭の存在そのものが問題視されたわけではなく、学生への悪影響が懸念されたのが興味深い。

ENGLISH
2021年7月 町角 東京
横断歩道 信号 女性

根津ってどこ?

PHOTO DATA

No

11961

撮影年月

2020年12月

投稿日

2021年07月08日

撮影場所

根津 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ