カメラを見つめる男の子の頬は好奇心で膨らんでいた

ふっくらした頬の男の子
インドのダウラタバードで撮影
関連する写真

Tシャツを着た男の子がキラキラした視線を僕に投げかけてきた。キラキラしているだけではなく、大きな瞳から放たれた視線だった。頬に目を向けると何が入っているのかと思うくらいふっくらしていた。写真を撮られることに対する好奇心が詰まっているようだ。しかも、すこしづつ大きくなっているような気がする。このままレンズを向け続けたら、男の子の頬は破裂してしまうのではなかろうかと心配になった。

レンズを男の子から外すと、こんどはさっきまで閉じられていたが開き、マシンガントークで僕に話かけてくた。おそらくダウラタバード辺りの共通語であるマラーティー語なのだろうけど、僕には全く理解できない。きょとんとしている僕を見て男の子はちょっと残念そうだった。何を僕に伝えたかったのだろう。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2015年9月 インド 人びと
男の子 ダウラタバード 笑顔 Tシャツ
ダウラタバードで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

9460

撮影年月

2010年9月

投稿日

2015年09月02日

更新日

2021年09月10日

撮影場所

ダウラタバード / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ダウラタバードってどこ?

PREV & NEXT