鉄骨と金槌

道端で鉄骨を叩く男
バングラデシュのロンプールで撮影 ©オザワテツ
似たような写真

男が鉄骨をハンマーで叩いていた

沢山の鉄骨が道の端に置かれていた。建設現場のすぐ近くなのだった。そしてふたりの男がそこで働いている。ひとりの男はしゃがみながら鉄骨を押さえていて、もうひとりは大きな金槌で規則的に鉄骨を叩いている。どうやらふたりは手作業で鉄骨を切断しているようだ。機械を使えばあっという間ななのだろうけれど、手作業で行っているふたりは切断するのも難儀なようだ。

いつもどおりの暑い日で、道を歩いている歩行者の姿はほとんどない。茹だるような暑さの充満した道に、金槌の音が鈍く響きわたっていた。

ENGLISH
2014年8月 バングラデシュ 人びと
ハンマー ロンプール

ロンプールってどこ?

PHOTO DATA

No

8713

撮影年月

2009年9月

投稿日

2014年08月15日

更新日

2020年01月16日

撮影場所

ロンプール / バングラデシュ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

ロンプールで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ