勤政殿の入り口に掛かる立派な扁額

勤政殿の扁額

この勤政殿はソウルにある景福宮の正殿だった

韓国のソウルにある景福宮で撮影。

回廊に囲まれた広場の中央に大きな建造物が建っていた。勤政殿だ。勤政殿は世界遺産にも登録されている景福宮の正殿だ。李氏朝鮮時代、この建物で歴代の王が執務したのだ。

大きな軒下に立って上を見上げると、扁額が掲げられている。ハングルではなくて、漢字で書かれていた。今では考えられないけれど、李氏朝鮮時代には漢字こそが唯一の文字であり、民族固有の文字など有り得ないというといった考えが主流だったから仕方がないのだろう。

扁額以外にも屋根そのものを見回してみる。屋根の構造は複雑に組まれていて、その姿は美しい。現在の建物は再建されたもののようだが、1395年からこの場所にある建造物にはやはり風格が備わっていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

景福宮にある勤政殿ってどこ?

PHOTO DATA

No

7977

撮影年月

2008年6月

投稿日

2013年10月14日

撮影場所

ソウル / 韓国

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ