大きな扁額のかかっている勤政殿はソウルにある景福宮の正殿だ

勤政殿の扁額
韓国のソウルにある景福宮で撮影
関連する写真

回廊に囲まれた広場の中央に大きな建造物が建っていた。勤政殿だ。ソウルにある勤政殿は世界遺産にも登録されている景福宮の正殿だった建物で、王権を象徴し、王の即位式などの国家行事を行った建物だ。「勤政」とは「天下の事は勤勉であれば治まる」という意味なのだという。ベトナムのフエにある王宮にも、同名の建物があったようだから、論語か何か中国の古典から採った名称なのだろう。

大きな軒下に立って上を見上げると、扁額が掲げられていた。ハングルではなくて、漢字で書かれていた。今では考えられないけれど、李氏朝鮮時代には漢字こそが唯一の文字であり、民族固有の文字など有り得ないというといった考えが主流だったから仕方がない。時代は流れ、今では漢字を読める人が少なくなっているというから、そのうちこの扁額を読むことのできる自国民もいなくなってしまうのかもしれない。

扁額以外にも屋根そのものを見回してみる。屋根の構造は複雑に組まれていて、その姿は美しい。現在の建物は再建されたもののようだが、1395年からこの場所にある建造物にはやはり風格が備わっていた。

ENGLISH
2013年10月 建築 韓国
お堂・ホール 宮殿 ソウル 扁額 世界遺産
ソウルで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

7977

撮影年月

2008年6月

投稿日

2013年10月14日

更新日

2020年10月24日

撮影場所

ソウル / 韓国

ジャンル

建築写真

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

景福宮にある勤政殿ってどこ?

Prev & Next