道端にヒメツルソバの金平糖のような花が犇めいていた

密集して咲くヒメツルソバ
神奈川の横浜で撮影
関連する写真

生け垣の上にも柔らかな日差しが降り注いでいた。生け垣の小さなも生き生きしているように見える。これはなんという花なのだろう。

調べてみると、この植物はヒメツルソバというようだ。ヒマラヤ原産の多年草で、日本には明治時代に輸入されたのだという。金平糖のように見える花は、ひとつの花ではなくて、小さな花が集まって形成されているというのを知って、生きる力が漲っているのを感じてしまう。ふと「山椒は小粒でもぴりりと辛い」という格言を思い起こした。

眺めていると可愛らしい花たちは、今まさに伸びているように見えてきた。もちろん、これが錯覚だということは分かっているものの、そう感じてしまうほどに日光を全身に浴びて生き生きとしている。精力を蓄えた花たちは、このまま飛んでいってしまっても不思議ではないように感じだ。

ENGLISH
2007年12月 神奈川 自然
横浜
横浜で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1245

撮影年月

2007年11月

投稿日

2007年12月05日

更新日

2021年09月01日

撮影場所

横浜 / 神奈川

ジャンル

花写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

横浜ってどこ?

Prev & Next