道端で釈迦頭とリンゴを売る女性の手に入れ墨が入っていた

釈迦頭とリンゴを売る女

インドのプネーで撮影

関連する写真

プネーの町をウロウロしていると露天市が開かれている場所に出くわした。露店商たちが自ら運んできた商品を路上に並べて売っている。この写真の年配の女性もそのような露店商のひとりだ。鮮やかな青いサリーをまとったその女性は、そこで釈迦頭とリンゴを販売していたのだ。

女性の目の前にはふたつの籠が置いてあって、ひとつには釈迦頭が、もうひとつには林檎が山盛りになっていた。傍らには重さを計るための分銅も転がっている。量り売りだ。分銅を使って昔ながらの天秤で重さを量るのだった。

日本では珍しい釈迦頭よりも、僕が目を惹かれたのは、女性の手に描かれていたたものだ。刺青のように見える。おそらくは何か意味のある文様を彫っているのだと思うけれど、女性の腕に見える文様が何を意味しているのかは分からなかった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2011年3月 インド 人びと
林檎 ビンディ 果物 老婆 プネー 露天商 刺青 天秤
プネーで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

5332

撮影年月

2010年10月

投稿日

2011年03月23日

更新日

2022年02月18日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

プネーってどこ?

Prev & Next