プネーの黄色い牛

黄色の牛
インドのプネーで撮影 オザワテツ

プネーの町を黄色に塗られた牛が歩いていた

町を歩いていると、向こうの方から一団が歩いてくるのが見えた。集団の真ん中を歩いているのは大きな牛だった。しかも、牛は全身を黄色く塗られている。牛自身は塗料を塗られて心地悪いかもしれないけれど、見ている方からすると鮮やかでとても目立っていた。

この辺りでは黄色は幸運の色らしい。さらに、ヒンドゥー社会において牛は崇拝の対象だ。つまり、この黄色の牛は幸運の塊みたいなものなのだ。牛は僕の目の前にやって来て、大きな図体の割には円な瞳で僕を見ている。反芻し続けている口からは涎が垂れていた。これで、僕の運も上昇するに違いない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

プネーってどこ?

PHOTO DATA

No

5439

撮影年月

2010年10月

投稿日

2011年05月07日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

動物写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

アーカイブ