牛と牛と男

男と牛

男は牛とともに寛いでいた

インドのプネーで撮影。特に理由もなく入っていった路地には、他の路地とはちょっと異質な雰囲気が漂っていた。動物臭いのだ。奥に進むと、まず目に飛び込んできたのは白黒のホルスタイン牛だった。壁際で餌を食んでいる。

不可解なことに、ヒンドゥー教の世界では牛は神聖な生き物であるので食すことはないのに、牛乳は至って普通に飲まれている。町のあちらこちらで飲めるチャイには牛乳が入っているから、一日の消費量は相当なものに違いない。次に目に入ってきたのは椅子に腰を下ろした男性の姿だった。そして、男の後ろにもう1頭の牛がいた。こちらは先程の牛と違って肉牛だ。男は牛に挟まれながら寛いでいるのだった。都会の真ん中なのだけれど、ここは牛舎なのかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

プネーってどこ?

PHOTO DATA

No

5389

撮影年月

2010年10月

投稿日

2011年04月12日

撮影場所

プネー / インド

ジャンル

動物写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

アーカイブ