なまこ壁にはパターンが描かれているように見える

美観地区のなまこ壁
岡山の倉敷にある美観地区で撮影
関連する写真

倉敷の美観地区には、その名の通り美しい街並みが保存されている。そして観光の目玉にもなっている。水路の両脇には古い昔ながらの建物が建ち並んでいた。ここを歩いていると、タイムマシンに乗って昔にやって来たかのような錯覚に陥ることが出来る。

通りかかった家屋の壁はなまこ壁だった。漆喰で作られた四角が模様のように壁一面に描かれている。この漆喰をかまぼこ型に盛り付けて塗って造られる形から、なまこ壁と呼ばれるようになったらしい。見掛けの美しさだけでなく、防火・防水の効果があるようで、土蔵などに使われることが多かったようだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2007年11月 建築 岡山
倉敷 パターン
倉敷で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

1177

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年11月01日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

倉敷 / 岡山

ジャンル

建築写真

カメラ

RICOH GR DIGITAL

倉敷美観地区ってどこ?

PREV & NEXT