美観地区を流れる倉敷川の畔

倉敷川の水辺にいた親子
岡山の倉敷にある美観地区で撮影 オザワテツ

親子が仲良く倉敷川の水面にできた波紋を眺めていた

倉敷川が美観地区の中を穏やかに流れていた。石橋の上に立って、川面を眺めていると川岸に一組の親子連れがいるのに気が付いた。二人は水面へと降りる階段のところにいる。そこから仲良く楽しそうに水面を眺めているのだった。

二人の親子連れの前の水面には波紋が現れているのが見える。おそらく川で悠々と生息している鯉が作ったものなのだろう。ふたりは鯉が泳ぐ様子を眺めている。そして、鯉は鯉で川の中からこの地区にやって来た観光客の様を眺めている。お互いがお互いを観察しあっているような気がしてならない。

EN

倉敷美観地区とは?

倉敷美観地区は、岡山県倉敷市にある町並保存地区・観光地区である。当エリアは倉敷市の美観地区景観条例に基づき定められたもので、同市本町全域、中央1丁目北部(前神町など)、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。広義の美観地区の面積は21.0ヘクタールで、うち伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)が15.0ヘクタール、伝統美観保存地区(第二種美観地区)が6.0ヘクタールとなっている。伝統的建造物群保存地区(倉敷川周辺)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区(くらしきがわはん でんとうてきけんぞうぶつぐん ほぞんちく)の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

倉敷美観地区ってどこ?

PHOTO DATA

No

1285

撮影年月

2007年9月

投稿日

2007年12月25日

撮影場所

倉敷 / 岡山

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

アーカイブ